はじめてのさくらVPS

はじめてのさくらVPS

はじめてさくらインターネットのVPSを使用する際に必要となる情報を初心者でもわかりやすくまとめていきます。

WordPress のサイト URL (ドメイン)変更方法

スポンサードリンク

WordPressで独自ドメインを利用している際、途中でサイトのURLを変更しなくてはならない場合があるかと思います。

  • ドメインの失効
  • サイト名の変更に伴う変更
  • サーバー移転時の一時URL

ドメインの失効、そもそもドメイン自体を変更する場合のほか、動作テストやサーバー移転時にまずは別のドメインで準備して移行したいケースもあります。

WordPressはデータベースにドメイン情報が登録されているため、データベースを変更をすれば済むことなのですが書き込まれている範囲が複数あるため、安易に変更してしまうと中途半端な変更になってしまい後悔することになるでしょう・・・。手作業は難しいので変更する際はツールを使います。

DATABASE SEARCH AND REPLACE SCRIPT IN PHP

変更にはDATABASE SEARCH AND REPLACE SCRIPT IN PHPというツールを利用します。

Database Search and Replace Script in PHP / Interconnect IT – WordPress Consultants, Web Development and Web Design

ファイルのダウンロード

サイトにアクセスするとページの中央あたりに「DOWNLOAD V3.1.0」というボタンがありますのでそこからダウンロードします。

f:id:photoblg:20161123104721p:plain

※2016/11/23時点で最新版

ファイルのアップロード

ファイルを解凍後、FTPでサイトURLを変更したいWordpressのインストール先にディレクトリごとアップロードします。

f:id:photoblg:20161123105129p:plain

設定

アップロード完了後、「http://現在のURL/Search-Replace-DB-master/」にアクセスします。

f:id:photoblg:20161123104636p:plain

  • 旧ドメイン 変更前のドメイン
  • 新ドメイン 変更後のドメイン
  • tables 適用するテーブル

同じデータベース内に、他のWordpressが入っていなければ「all tables」で問題ないですが、他にも入っている場合は「select tables」を選び、該当のテーブルを選択します。

f:id:photoblg:20161123110136p:plain

テスト(dry run)

設定が完了したら、まずはテスト(dry run)を走らせてみます。

actionsセクションに結果が表示され、ドメインの変更箇所があるテーブルに何ヶ所あるか、詳細(view changes)も閲覧することが可能です。

f:id:photoblg:20161123110428p:plain

実行(live run)

テストで特に問題がなければ、変更を実行します。live runをクリックすると確認画面が表示されるので「OK」を選択。

f:id:photoblg:20161123110847p:plain:w300

しばらくするとテスト同様actionsセクションに結果が表示され、live runボタンのクルクルアイコンが消えると完了です。

f:id:photoblg:20161123111159p:plain

特に完了メッセージなど表示されないのと簡単なため拍子抜けするかもしれません。

新しいURLでアクセスして問題なければ作業は完了です。

変更前にデータベースのバックアップは必ずするようにしてください。