以前はレンタルサーバーといえば、共用サーバーがほとんどでしたが、最近ではVPSサーバーを提供している会社をよく見かけるようになりました。

共用サーバーとVPSの違い

共用サーバー

共用サーバーは1台のサーバーを複数人で共有して利用するサーバーリソースを分けあって使います。

メリットは安価で借りられること。サーバー知識や専門技術はいらず、難しいところはすべておまかせ。

デメリットは同じサーバー内でトラフィックが多いサイトや重いプログラムを動かしているサイトなどがあると、その影響を受ける場合があります。

VPS

VPSサーバーはVirtual Private Server(バーチャル プライベート サーバー)の略で、1台の仮想サーバーを1人で専有して利用するサーバーです。

メリットは自由度が高く、他のユーザーの影響を受けることはないです。チューニング次第で、安いプランでも高いパフォーマンスを発揮することも可能。

デメリットはサーバーの設定・管理がユーザー側になること。そのためサーバーの知識がある程度必要なところです。

しかしさくらのVPSは、利用者が多くインターネット上に情報が多くあるためある程度Googleで検索して調べることが出来る方であればチャレンジできると思います。

他社VPSとの金額・機能比較

各社エントリースペックで比較。

サービス名 メモリ CPU ストレージ 初期費用 料金 試用期間
ServersMan@VPS
1GB HDD50GB 467円〜/月
ConoHa VPS
1GB 2コア SSD50GB 900円/月 なし
GMOクラウドのVPS
1GB 2コア HDD50GB 4000円 980円/月 15日間無料
さくらVPS 1GB 2コア SSD30GB 1620円 972円/月 14日間無料

※料金は1ヶ月契約の場合

価格は圧倒的にServersMan@VPS
がお安くなっているが、SSDの選択が無い。

性能面で近いのは、ConoHa VPS。全プランのコスト比較をしてみます。

ConoHa VPS

プラン CPUコア メモリ(GB) SSD(GB) 初期費用 月額 初年度総額
1G 2 1 50 0 900 10,800
2G 3 2 50 0 1750 21,000
4G 4 4 50 0 3,420 41.040
8G 6 8 50 0 6,670 80.040
16G 8 16 50 0 13,010 156,120
32G 12 32 50 0 25,370 304,440
64G 24 64 50 0 49,480 593,760

ストレージの追加はオプション料金となっている。初期費用は無いが年間契約しても割引がないのは残念。

さくらVPS

プラン CPUコア メモリ(GB) HDD/SSD(GB) 初期費用 月額 初年度総額
512 1 512 -/20 1,080 695 7,543
1G 2 1 100/30 1,620 972 10,692
2G 3 2 200/50 2,160 1,706 18,770
4G 4 4 400/100 4,320 3,888 42,768
8G 6 8 800/200 8,640 7,776 85,536
16G 8 16 1600/400 17,280 15,552 171,072
32G 10 32 -/800 34,560 30,240 332,640
ベアメタル8G 2 8 -/111 48,600 7,776 85,536

まとめ

さくらVPSは全プランで初期費用が発生するが、年間一括契約をしていると1ヶ月分割安になる。コストパフォーマンス重視であれば2GB、スペック重視であれば4GB以上がオススメ。

さくらVPSの場合は、ストレージも選択可能なため容量を多く使う場合は、HDDを選べるさくらVPSが優勢。

2週間無料でお試し


Sponsor link
わからないときに便利なサイト

サーバーを設定していざWordPressを設定もしくはコーディングしてみたらよくわからないけど動かない(泣)そんな経験ありませんか?

「時は金なり」わからないことは詳しい人に聞くのが手っ取り早いんです。そんなときに便利なのが teratailです。無料で使用できるのでオススメですよ!

teratail 無料登録