VPSを借りたらWordPressなどウェブを公開する前にドメインの設定をする必要があります。

ここではValue Domainとお名前.comでの設定方法を説明します。

事前の準備

まずドメインを用意しておく必要があります。お名前.com
Value Domainでドメインを取得しておいてください。

次に準備をする必要があるのが、IPアドレス。さくらのVPSはどのプランでも1つ固定IPが付与されています。契約時に届く仮登録のメールに記載されていますので控えておきます。

Value Domainの設定

Value Domainでログイン後、ドメインの設定操作から設定するドメインの「DNS/URL」を選択します。

DNSの設定方法はいろいろあり、ページの下部にも例が記載されていますが、ここではwwwあり、なしでアクセスできる一般的な例を説明します。

ドメイン:example.com
IPアドレス:111.111.111.111

www.example.comとexample.comでアクセスできるようにするには以下のように設定します。

a @ 111.111.111.111
a www 111.111.111.111

もちろん111.111.111.111部分は、ご契約のIPアドレスに置き換えて設定してくださいね。

あとはドメインでアクセスできるようになるまで待つだけです。

お名前.comの設定

お名前.comにログインしたら、上部のメニューから「ドメイン設定」をクリック、左のメニューから「DNS関連機能の設定」に入ります。

ドメイン一覧が表示されますので、設定するドメインを選択、「次へ進む」をクリック。

少し下にスクロールすると「DNSレコード設定を利用する」の「設定する」ボタンをクリック。

ドメイン:example.com
IPアドレス:111.111.111.111

先程同様にwww.example.comとexample.comでアクセスできるようにするには以下のように入力、追加ボタンをクリック

ホスト名:空(何も入れない) VALUE:111 111 111 111
ホスト名:www VALUE:111 111 111 111

「●追加」というところに追加されます。

間違いなければチェックを入れて、「確認画面へ進む」ボタンをクリック。確認画面が表示されますので問題なければ「設定する」を選んで終了。

あとはドメインでアクセスできるようになるまで待つだけです。

ドメインでアクセスできるようになりましたら、次はApacheの設定です。

Apacheの設定についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

このページではウェブサーバーのApacheをインストール、設定を説明します。 Apacheのインストール インストールはyumコマンド一発で完了するのでとても簡単です。su
Sponsor link
わからないときに便利なサイト

サーバーを設定していざWordPressを設定もしくはコーディングしてみたらよくわからないけど動かない(泣)そんな経験ありませんか?

「時は金なり」わからないことは詳しい人に聞くのが手っ取り早いんです。そんなときに便利なのが teratailです。無料で使用できるのでオススメですよ!

teratail 無料登録