WordPressを利用していると避けられないのが、WordPress 本体の更新やプラグイン 更新時のトラブルです。 ほとんどの場合は問題なく進むのですが何らかの原因でエラーに。 本記事ではWordPressのブログやサイトが真っ白で表示されないときの対処方法を紹介します。

WordPressが真っ白な時の対処方法

デバッグモードでエラーの内容をチェック

WordPressが真っ白で何も見えないときは何らかのエラーが発生しています。

なぜ真っ白かというとPHPのエラーメッセージが誰でも見れる状態はセキュリティ的に好ましくないため表示させない設定になっているからです。 エラーの内容を確認するためにはwp-config.php の define(‘WP_DEBUG’, false);define(‘WP_DEBUG’, true); に変更します。

もしもWP_DEBUGの記述がない場合は、以下の表記より上の行に追記してください。
if ( !defined('ABSPATH') )
define('ABSPATH', dirname(FILE) . '/');
サイトを表示して何らかのエラーが確認できた場合は、次へ進みます。

真っ白の場合はWP_DEBUGの下に以下を追加してみてください。
define('WP_DEBUG_DISPLAY', true);

エラーの内容に応じた対応

エラーの原因は様々なので、ここで対処方法を断言はできませんが可能性があるのは以下の2パターン
  • 使用中のWordPressのバージョンにプラグインが対応していない
  • WordPressの更新が中途半端

プラグインの問題

使用中のWordPressのバージョンにプラグインが対応していない場合は以下のようなエラーが表示されます。
Fatal error:〜
Fatal errorというのはPHPの重大なエラーが発生していることを意味します。

エラーの後ろにエラーが発生しているファイル名と行数などが表示されていますので/wp-content/plugin/〜など特定のプラグインにエラーが発生している場合は一旦待避させます。

FTPクライアントなどでバックアップをとったうえで別フォルダに移動するか削除して改善するか確認。

これでページが表示されるようになったら、そのプラグインがアップデートされるのを待つか他のプラグイン変更しましょう。

WordPressの更新が中途半端

プラグインのエラー同様、Fatal errorが出るもののプラグインではなく、wp-adminやwp-includeでエラーが表示される場合はWordPress自体が正しく更新されていない可能性があります。 WordPressがおかしい場合は、問題ないWordPressのファイルと差し替えすると問題が改善する可能性があります。
  • wp-admin(ディレクトリ)
  • wp-includes(ディレクトリ)
  • index.php
  • wp-activate.php
  • wp-blog-header.php
  • wp-comments-post.php
  • wp-cron.php
  • wp-links-opml.php
  • wp-load.php
  • wp-login.php
  • wp-mail.php
  • wp-settings.php
  • wp-signup.php
  • wp-trackback.php
  • xmlpc.php
同じサーバー(環境内)で動作しているWordPressのファイルがあれば、そのファイルで試すのが良いでしょう。

設定ファイルである、wp-config.php アップロードしたファイルやプラグインの入っているwp-contentは差し替えないようご注意ください。

エラーがなくなったら

エラーの原因のプラグインを停止、ファイルを更新などすべて完了したらデバッグモードを戻しましょう。
define('WP_DEBUG_DISPLAY', false);

WordPressが真っ白な時の対処方法(まとめ)

本記事ではWordPressが真っ白な時の対処方法を紹介しました。

ほとんどの場合はエラー内容を確認して、そのエラーに応じて対処すれば回復することが可能です。

まずはエラーの原因がどこにあるのか落ち着いてチェックすることがトラブル解消の早道でしょう。 また、WordPressを利用していると突然エラーで困ることがありますが、あらかじめバックアップをとっておけばもしものときに安心ですので今回のような作業の前にもバックアップは忘れずに取りましょう。
Sponsor link